iPhone8以降はauのSIMを交換する必要がある?料金や手数料はどのくらい?

「auのSIMを交換しなければいけなくなった!でも、交換するにはどうすればいいんだろう。」

このように、auのSIMを交換しなければならない時があるかもしれません。

実際に、iPhone8やiPhoneXに変えた方はSIMの交換で困ってしまった方もいるのではないかと思います。

そこで、ここではauのSIM交換についてお伝えしていきますね。

SIMを交換しようと考えている方はぜひご覧ください。

iPhone8以降はauの3G通信のSIMを利用することができない?

もうご存知の方もいれば、まだ知らない方もいらっしゃると思いますが、iPhone8やiPhoneXでは3G通信のSIMを利用することができません。

そこで3G通信のSIMを使うことができないならどうしていけばいいのかご説明していきますね。

auには黒いSIMの「LTE契約」と灰色のSIM「VoLTE契約」がある

auには、黒いSIMの「LTE契約」と灰色のSIM「VoLTE契約」があります。

LTE契約(au Nano IC Card)は国内の3Gに対応しているSIMで、VoLTE契約(au Nano IC Card 04 LE)は3Gに対応していないSIMとなります。

また、au 4G LTEのスマートフォンは主にLTE契約の黒いSIMとなっているのですが、iPhoneもこれと同じスマホとしてLTE契約の黒いSIMが使われてきました。

ちなみにLTE契約の場合でも、データの通信設定で「音声通話およびデータ」を選ぶとVoLTEが使えるようになるという仕組みになっています。

LTE契約用のSIMはiPhone8以降では対応していない

これまでのiPhoneにはLTE契約用のSIMが利用できていたのですが、iPhone8以降では非対応となってしまいました。

そのためこのSIMをiPhone8やiPhoneXに差し込んでも電波が通じず、圏外となってしまいます。

iPhone8以降で利用できるのはVoLTE契約用のSIMのみ

では、LTE契約のSIMが利用できないならどのSIMを使えばいいの?と思いますよね。

そこで使うのが先ほどご紹介したもう1つのSIM「VoLTE契約」です。

VoLTEとはデータ通信で音声通話をすることを言い、3G回線を使用せずに音声通話をすることができます。

3G対応のLTE契約のSIMをずっと使ってきた人は、3Gへの対応がなくVoLTEのみにしか対応していないSIMに対して不便さを覚えてしまうかもしれないですね。

auのLTE契約のSIMはSIMフリーでも使うことができない

auのLTE契約のSIMは、SIMフリーでも使うことができません。

SIMフリーとは、SIMロックが解除された携帯のことを言います。

SIMロックを解除することで、目的に合わせて違う会社のSIMを携帯に差し込んで使えるようになるのです。

しかし、たとえSIMフリーモデルであってもauのLTE契約のSIMは利用できないので注意しましょう。

auのSIMを交換するにはどうしたらいいの?料金や手数料は?

では、auの契約でiPhone8やiPhoneXに変える時の注意点についてお伝えしましたが、SIMを交換するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

SIM交換の詳細について見ていきましょう。

SIMを交換するための手続きはauショップで行う

SIMを交換するためにはauショップに行ってみましょう。

iPhone8やiPhoneXに変えようと思っている方は、機種変更と一緒に契約の変更(SIM交換)を行うことができますよ。

iPhoneからiPhoneに変える場合の手数料は3000円

SIMを交換する時の料金が気になる方も中にはいると思います。

ずっと使っていたiPhoneから新しいiPhoneに変える場合の手数料は3000円(税抜)です。

また、iPhoneはauショップ以外でも販売しているので、Apple Storeなどで購入した方もいるのではないかと思います。

Apple Store で購入したiPhone8やiPhoneX、またはSIMロックフリー版のiPhoneでも契約の変更はできますが、3000円(税抜)の手数料がかかります。

au VoLTEのみ対応のAndroidスマートフォンからiPhone8以降へ変える場合は2000円

iPhoneからiPhoneに変える時とは違い、au VoLTE のみに対応したAndroidのスマートフォンからiPhone8以降へ変える場合は2000円(税抜)の手数料がかかります。

価格が少し安めなのは、契約の変更(SIM交換)をせずにiPhoneへ機種変更をすることができるからです。

また、au VoLTEのみ対応のAndroidスマートフォンだとApple StoreなどでSIMロックフリー版を購入する時にも手数料は発生しません。

SIMの交換料金は無料になることもある

上記でお話ししたような理由以外でも、SIMを交換しなければいけない時があるかもしれません。

その時にはSIMの交換にかかる料金が無料になることもあります。

それは購入当初からの不備などがあった場合です。

電波状況が悪かったり、自分で壊したわけでもないのに携帯の調子が悪いといった時には無料で交換してもらえる可能性があります。

携帯の調子が悪いのはSIMが原因だと感じたら、auショップの方に相談をしに行ってみましょう。

au契約でSIMを交換すると毎月割がなくなる?

auに契約をした状態でSIMを交換するのには、悪い点もあります。

それはどのようなことなのかお伝えしていきますね。

auの契約でSIMを交換するとは毎月割がなくなる

auの契約でSIMを交換すると、毎月割がなくなってしまいます。

毎月割とは、機種を新規で契約したり機種変更をしたりする場合に、購入と同時にパケット定額サービスに加わることで最大24ヶ月間毎月の料金から割引をしてもらえるというものです。

しかし、毎月割はSIM交換をしてしまうと無くなってしまうのです。

では、毎月割をなくさないためにはどうしたらいいのでしょうか?

以下でご説明していきますね。

auの毎月割をなくさない方法

auの毎月割をなくしたくない方には、次のような方法があります。

  • 契約の変更をせずに元々使っていた端末を使う
  • 格安SIMを使う(現在のau契約料金の他にも料金が発生する)

毎月割をなくしたくないなら、無難なのはSIMを交換しないで元から使っていた端末を使うことです。

また、その他にもSIMカードの交換を行わずに格安SIMを使うという手段もあります。

しかし格安SIMを使う場合はauの契約料金の他に格安SIMの分の料金が発生してしまうので、月々にかかる費用が高くなってしまうので注意が必要です。

毎月割をどうするかというのもよく考えて、SIMの交換を行ってみてくださいね。

まとめ

auのSIMの交換についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

auの契約でiPhone8以降のiPhoneに機種変更を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、auのSIMを交換する時には先ほどご説明したことなどにも注意して交換をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です