auのSIMにはどんなサイズや種類があるの?auのVoLTE SIMって?

「auのSIMを使ってみたいけど、どのSIMを使えばいいのか分からない!」

と悩んでいる方はいませんか?

SIMといっても種類がたくさんあるし、その中でauのSIMを使うとなると、さらに種類が増えてしまいます。

そうなると自分の携帯にはどれが合っているのか、なかなか分からないものですよね。

そこで、auのSIMにはどんな種類があるのかをこれからお伝えしていきたいと思います。

自分の端末に合った適切なSIMを見つけて、ぜひauのSIMを使ってみてくださいね。

そもそもSIMカードってなに?

まずはSIMカードとはなんなのか、基本的なSIMの知識から見ていきましょう。

普段はほとんど目にすることがないSIMカードですが、SIMカードにはとても重要な役割がありますよ。

スマホやiPhoneなどを使うための大事なカード

SIMカードは、スマホやiPhoneなどを使うのに欠かせない大事なカードです。

電話番号などの連絡先や個人情報など、大事な情報をこのカードが管理してくれています。

また、SIMカードは携帯会社によって異なるため、契約していない他社のSIMを使うことはできません。

auならauのSIM、docomoならdocomoのSIMと決まっているので注意しましょう。

このように、すべてのスマホやiPhoneの中に入っている小さなカード「SIMカード」ですが、とても重要な役割を果たしてくれているのです。

SIMには3種類のサイズがある

SIMには3種類のサイズがあります。

それは一番小さいサイズのnano SIM、中くらいのmicro SIM、一番大きいサイズのSIMです。

それぞれの端末によって、これらのSIMのサイズが変わってきます。

ですからSIMを変える時などは、きちんとサイズが合っているものを選ぶようにしましょう。

3G・4G LTE・VoLTEがある

SIMにはサイズの違いだけでなく、通信速度にも違いがあります。

通信速度の種類には、3G・4G・VoLTEなどがありますよ。

この数字がどんどん上がっていくにつれて速度が速くなっていきます。

また、4Gでは不可能だった通話が可能になったものがVoLTEです。

速度が速ければ速いほど、スムーズに画面の操作を行うことができるから便利ですよね。

SIMにはこうした速度の違いがあることも覚えておきましょう。

SIMロックを解除すると契約している会社以外のSIMを使えるようになる

通常であればSIMカードは、自分が契約している会社のものしか使うことができません。

しかし、現在では格安SIMと呼ばれる安いSIMカードも存在します。

そこで他社のSIMカードをどう使うのかというと、SIMロックを解除することで違う会社のSIMが使えるようになります。

契約していたところのSIMよりも格安SIMの方が安いのなら、やはり安い方のSIMを使いたいですよね。

スマホやiPhoneをSIMフリー化してしまえば、契約していた会社以外のSIMを使うことができますよ。

auのSIMにはどんな種類があるの?

これまでSIMの基本的な知識についてお伝えしてきました。

では、auのSIMには一体どんな種類があるのでしょうか?

auのSIMについて見ていってみましょう。

auのSIMのサイズは大きく分けて3種類

auのSIMには、大きく分けて3種類があります。

それらは標準SIM(au ICカード)・micro SIM(au micro ICカード)・nano SIM(au nano ICカード)の3つです。

標準SIM micro SIM nano SIM
ガラケー

CDMAのスマートフォン

iPhone 3GS

iPhone 3G

iPhone

4G LTEのスマートフォン

iPhone 4s

iPhone 4

iPhone X

iPhone 8・iPhone 8 Plus

iPhone 7・iPhone 7 Plus

iPhone 6s・iPhone 6s Plus

iPhone 6・iPhone 6 Plus

iPhone SE

iPhone 5s・iPhone 5c

iPhone 5

それぞれのSIMは、上記のような端末に使われています。

SIMのサイズがよく分からない方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3GとVoLTEに対応したLTEのSIM

auのSIMの1つ目が3GとVoLTEに対応したLTEのSIMです。

LTEのSIMには、micro SIMやnano SIMなどがありますよ。

LTEの特徴には、通話は3G回線を使い、データ通信にはLTEを使うというところがあります。

また、黒い色のSIMという特徴もありますよ。

ちなみにauのLTEのSIMは、iPhone8以降からは使うことができないので気を付ける必要があります。

VoLTEのみに対応しているVoLTEのSIM

一方、VoLTEはLTEのSIMとは異なり、通話・データ通信の両方の回線でLTEを使用することができます。

そのため今までであれば3Gで通話していた回線を、LTEの回線で行うことができるのです。

また、VoLTEにはnano SIMしかないという特徴もありますよ。

iPhone8やiPhoneXなどはVoLTEのSIMのみに対応しているので、機種変更を考えている方はSIMの交換も一緒に行っておきましょう。

そんなVoLTEは灰色のSIMなので、色の違いでもどちらのSIMなのかを区別してみてくださいね。

3Gのみに対応しているSIM

3Gのみに対応しているSIMは、主にガラケーのSIMとして使われてきました。

しかし、3G SIMはガラケー以外にも、L2ロックが付いたスマートフォンなどで使うことができますよ。

L2ロックが付いているauの3Gスマホは、そのロックを解除することで3GのSIMを使うことができます。

もしもauの3Gのみに対応しているSIMを使うことができるスマートフォンを持っていたたら、一度試してみるのも良さそうですね。

auのSIMはサイズごとで種類が変わる?

auのSIMにはいくつかの種類があることが分かりましたね。

では、その中でもどのようなサイズや種類があるのかさらに詳しく見ていきましょう。

SIMのサイズの確認方法

SIMのサイズや種類をご説明していく前に、SIMのサイズの確認方法についてもお伝えしていきますね。

SIMのサイズの確認方法を知りたい場合は、端末の電池が入っているところの電池の奥からSIMを取り出してみてください。

そうするとSIMに番号が書いているので、どのSIMが使われているのか確認することができますよ。

それでは、SIMのサイズや種類について見ていってみましょう。

SIMのサイズごとの種類

SIMのサイズごとの種類は以下のとおりです。

①    3G専用SIM

②    3G専用micro SIM

⑤4GLTE micro SIM

⑥4GLTE Nano SIM

⑨VoLTE Nano SIM

3G・4G・VoLTEはすべてのSIMのサイズにあるというわけではなく、各サイズであるものとないものがあります。

SIMには番号が付いているので、SIMを交換する際にもこうした番号などを確認して、端末に合っているSIMはどのSIMなのかを把握しておきましょう。

まとめ

auのSIMにはどんな種類があるのかをご説明してきましたが、少しでも知っていただけましたか?

auのSIMにもそれぞれで異なる特徴があります。

SIMの知識を習得して、SIMを上手に使いこなしちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です